患者様との対話を大切にしています

何が気になって困っているのか、どのような治療を望んでいるのか。丁寧な対話を通じてお一人おひとりの想いに向き合っていくことをお約束します。こんなことを聞いたらおかしいかな?と思うことも、まずは言葉でお伝えください。

治療内容を分かりやすく丁寧にご説明します

患者様のお悩みやご要望をお聞きしたうえで、診察いたします。現在の状態を分かりやすく説明したうえで、治療の方法や使用する素材、治療期間や費用などを、じっくり話し合い、患者様に対してご理解、ご納得いただいてから診療を進めていますので、疑問や知りたいことはお気軽にお聞きください。

将来を見据えた診療を心がけています

70歳以上の人を対象に何本の歯が残っているかを調査した結果、日本人は16.5本でした。しかし予防歯科先進国のスウェーデン人では21本も残っています。この背景には予防意識の違いがあると考えられています。永久歯は、失ったら取り戻せません。当院では治療はもちろんですが、悪くならないための予防にもとても力を入れています。千葉県歯科医師会の調査によれば、8020達成者(80歳で20本以上歯がある人)に歯並びの悪い人はいませんでした。お子様のみならず大人でも必要があれば歯並びを正し、よい習慣を身につけてもらって将来困らないように協力していきたいと考えております。

感染対策を徹底しています

院内感染防止のため、患者様ごとのハンドピース(歯を削る器具)の滅菌を徹底しています。動線分離の完全個室診療と口腔外バキュームの使用により、歯科医院につきものの粉塵飛散を抑止し、プライバシーの確保をいたしました。歯のお悩みは周囲に聞かれたくないこともあると思います。リラックスして治療をお受けください。

お子さまを歯医者嫌いにさせません

心身ともに発達途上にあるお子様にとって、歯医者さんの診療行為は恐怖心を引き起こしやすいものです。必要だから行っていることでも、進め方によっては歯医者嫌いになってしまい、足も遠のき、虫歯だらけの大人になることも。当院ではお子さまの発達に応じたコミュニケーションを取りながら治療を行っています。